たるみにはフェイスリフト

看護師

術後の注意点

年齢が進むと皮膚は重力に抗えなくなり、たるんでくるのは自然減少です。それによって年齢以上に見られたり、顔が大きく見えたりすることもあり、悩みになりがちです。そういう人に人気の小顔施術がフェイスリフトで、比較的新しい手術方法にSMAS法が挙げられます。フェイスリフトにはこの他、皮膚の表面のみを引き上げる方法と骨膜の下を剥がして引き上げる方法がありますが、SMAS法が最も効果が高いです。SMASとは、頭から首まで筋肉と繋がっている表情性筋膜のことです。頭部の帽状腱膜とおでこの前頭筋、こめかみの浅側頭筋膜に続いており、最終的に首の広頚筋に繋がります。たるみは始め皮膚だけに生じますが、年齢を追うごとに表情筋にも生じてきます。ですから、ある程度年齢を重ねている人は、皮膚だけを引き上げても効果が薄いため、SMAS法が適当です。手術の際には、皮膚と骨を固定しているリガメントを切って引き上げてから再度固定するリガメント法を行うのが最も効果的です。また、再度たるむまでの時間も遅らせられます。メスを入れるところは耳の付け根辺りで、髪の毛で隠せるため、傷跡は気になりません。たるんでいた余分な皮膚が無くなった分、顔のラインがシャープになって小顔になるでしょう。左右対称の顔という人はほとんどおらず、たるみも左右差があるのが一般的です。小顔のためのリフトアップ手術を行う際は一人一人のたるみ具合を確認して、適切な縫合方法を選ぶことが大切です。外科手術の腕が良い医師のほうが術後の腫れも少なく済むといわれるので、小顔施術の症例数が多く知識が豊富な医師を探しましょう。フェイスリフトの術後は、止血を目的としてフェイスバンドで患部を圧迫します。隠すためにスカーフや帽子などを持っていくといいかもしれません。一般的に日帰り手術で、翌日に経過観察のために再診します。出血の確認や傷の状態を確認して終わりですが、フェイスバンドによる圧迫はこの日も続けます。フェイスバンドを外せるのは翌日辺りです。シャワーは当日行って良いとするクリニックもあれば、術後2日以降とするところもあります。患部が腫れている場合は、腫れが引くまで体を温める行為は避けたほうが無難です。例えば、熱いお湯への入浴やサウナ浴、運動などです。腫れの程度は個人差があるものの、1週間経つと6割から7割程度引きます。それから、抜糸時期も1週間後とするクリニックもあれば、10日後とするところもあります。小まめに定期検診を勧められる場合があり、忙しい人は大変かもしれませんが、傷跡をきれいに治すには必要な検診です。

Copyright© 2018 小顔整形でスッキリフェイスラインづくり【容姿にも自信が持てる】 All Rights Reserved.