芸能人のような顔になれる

女性

痛みもなく小顔整形にできる手術が受けられるようになった現代の日本では、多くの方々が整形手術を受けています。手術を終えた後には医師の指示に従うのを忘れず、傷口が完治するまでにやってはいけない事を、しっかりと把握してください。

詳しく見る

美容外科選びのポイント

カウンセリング

美容外科選びは料金だけでなく施術の丁寧さや保証期間、使われている薬剤の種類などを確認することが重要です。小顔になるためにはいくつかの施術方法がありますが、自分の悩みに合った施術を丁寧なカウンセリングで提案してくれるクリニックを選びましょう。

詳しく見る

エラ削りで顔を小さく

女医

エラ削りの小顔整形を行う際は医師と歯科医、2つの資格を持つ医師が在籍している病院か確認することをおすすめします。歯科医の資格もある医師であれば、より安全な施術を行ってもらえる可能性が高いためです。費用の相場は100万kら130万円前後です。

詳しく見る

たるみにはフェイスリフト

看護師

皮膚や表情筋がたるんでくると顔が大きく見えるので、SMAS法というフェイスリフトで引き上げると小顔効果が狙えます。SMAS法の際には、リガメントという靭帯を一時切って引き上げる処置を行うと、高い効果が得られます。

詳しく見る

美容整形で大顔解消

看護師

顔が大きく見える原因

顔が大きく見える要因はいくつかありますが、エラ部分が大きく発達しているというケースも大顔に当てはまります。エラ部分が大きいと四角張った大きな顔に見えるだけでなく、頑固で気が強そうというイメージを与えやすいとも言われています。他のパーツは整っているのに大きなエラのおかげで、自分の顔がコンプレックスになっているという人も、多いのではないでしょうか。エラが大きく見えるのはエラ部分にある骨自体が育っている場合と、咬筋というエラにある筋肉が発達しているという2通りに分けられます。骨自体が大きいという人が小顔になりたい場合は、エラの骨を削る美容整形を受けるのが1番、確実性の高い方法です。奥歯を噛みしめるクセがある人は咬筋が刺激で大きくなりやすく、筋肉の発達に従って顔も大きく見られてしまいます。咬筋の過剰な発達で顔が大きく見えるという人の場合は、メスを使う美容整形ではなく手軽なプチ整形でも小顔にすることが可能です。小顔整形を受けることによって「顔が大きい」というコンプレックスが解消され、自分の容姿にも自信が持てるようになります。さらにエラを小さくすることで優しく女性らしい印象を与えることができるようになり、人付き合いも変わる人が多いようです。エラが大きく発達していて顔が大きく見える人が小顔になりたいと言う場合、主に2つの美容整形から自分に合った施術をチョイスすることになります。エラの骨が大きく育ち顔が大きいという人の場合は、骨切り術の1つ「エラ削り」という施術を行うのが一般的です。エラ削りはこの名前のとおり、エラ部分の骨を削って顔を小さくするという小顔整形の1つで、1回の手術で劇的に輪郭の印象が変わります。骨自体を削って小さくしてしまうので、顔が小さくなるのはもちろん輪郭がシャープな印象になるのがエラ削りの特徴です。エラ部分の骨と一緒に余分な筋肉も取り除く手術となるので術後は角張ったエラが消えますし、骨自体を切るので小顔の効果は半永久的に続きます。顔に傷跡が残るのではと不安に感じる人もいるかもしれませんが、エラ削りは奥歯の歯茎の下を切開して、そこから施術を行うので顔に傷が残ることはありません。エラ部分の筋肉が大きく発達している人が顔を小さくしたい場合は、ボトックス注射というプチ整形がおすすめです。ボトックス注射は筋肉の動きを抑制する、ボツリヌス製剤という薬剤を筋肉部分に、注射器を使い注入するという施術を行います。エラにある咬筋という筋肉にボトックス注射を施せば、この筋肉が小さくなり結果、顔も小さくなるという仕組みです。メスを使うことなく顔を小さくできる手軽なプチ整形ですので、筋肉が原因で顔が大きく見える人は、こちらの施術がおすすめです。

Copyright© 2018 小顔整形でスッキリフェイスラインづくり【容姿にも自信が持てる】 All Rights Reserved.